« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

シュールな公衆電話


ゲルにITはあるか?──モンゴルで見たIT事情
モンゴルのIT事情をレポートした記事ですが、その中にモンゴルの公衆電話のことが書かれてました。
モンゴルの公衆電話は何だかスゴイです。
公衆電話屋さんの公衆電話です。
つげ義春のまんがの世界を思い出してみたりしました。

でも、こんな職業なら私も転職したいですワ。

一方携帯も広まっているようで、
記事中『広い草原を移動する遊牧民の間でも携帯電話は普及している。意外にも遊牧民同士の連絡に大活躍している』とか。
普段携帯電話を持ち歩かない私は、モンゴルの遊牧民より遅れてるかも。

IT機器を駆使する遊牧民っていうのもSF的で世界のどこかにいて欲しい感じです。GPSを片手に馬を駆りひつじを追う遊牧民、もしいたらカッコイイかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ ボンに到着


フライトシミュレーターで北極圏からドイツへ。

ノルウェーからデンマークのコペンハーゲンを経て、ドイツのボンまで飛行しました。
白夜の北極圏を真夜中過ぎに飛び立って南に進むので、途中で太陽が地平線にかくれるかと思っていましたが、太陽は沈まないまま朝になりました。シミュレーター上で徹夜で過ごす白夜となりました。
朝早くから太陽が昇るヨーロッパの夏はかなり日が長いようです。

そして、ケルン・ボン空港に到着。
サッカーの日本代表のキャンプ地、ボンの近くの空港です。
シミュレーターには、丘の間を川が流れる風景が表示されてました。大変おだやかな風景を想像しましたが実際の風景はどんな感じなのでしょうか?

ドイツ独特の街の風景までは表示されないのが惜しいところ。
実際の町並みはこちらのブログでも見ることが出来ます。
Kirameki.snow-sugar.de さんのブログ
(お姉ちゃんのは~とちょこへリンクを頂いてます)
ボンやケルンの近くのデュッセルドルフにお住まいのようです。

と、いうことでデュッセルドルフ上空をセスナで飛んでみました。
こんな風景が見えました。
Germany20060610
ボンへと続くこの川はひょっとしてライン川でしょうか??

世界中から天気のデータを収集しているといわれている(たぶん)シミュレーターの天気は大変良い天気でした。シミュレーターの中の6月10日のドイツは、視界は20マイル以上、晴れ、南東から弱い風が吹いていました。

|

京野こよみ


初めて自分の作ったプログラム(前の記事参照)に名前を付けてみました。

今日の暦が表示される日出時間計算プログラム、『京野こよみ』。
きょうのこよみたん♥です。
まさにこのプログラムにピッタリのキュートな名前です。

時間の表示では大勢のOSたんにご協力いただいているのがポイント。
この「こよみたん1号」はまだ日本各地の時間しか計算できませんが、いずれは世界中の各地の計算が出来るようになるかも知れません。

京野ことみの本―町の猫 Book 京野ことみの本―町の猫

著者:京野 ことみ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


(↑アフィリエイトによる画像:
クリックだけでは当方への報酬は発生しないので安心してください♥)

|

日の出時間の計算始動


日の出日の入りの時間の計算。
計算できるようになりました。

計算はWEBサービスで、表示はWEBページで2段階に処理します。
で、ちょっとばかり遊び心をってことでこんなのを作ってみました。
Koyomi
(クリックすると大きな画像が見れます)
時間の表示をOSたんカウンターにしてみました。
日の出入り時間、月の出入り時間、月齢を18人のOSたんのご協力により表示してしまいます。

1ヶ月に何度か月の出か月の入りのどちらかがない日があるのですが、MS-DOSたんの黒い服が該当時間なしの意味を良く表してくれているようです。(サンプル画像の月の入り時間の部分がその状態です)
月齢は簡易計算のため、その日の気分で1~2才サバを読んでいることがあるのですが、ご愛敬ということで。

もう少しプログラムを整理した上で、自宅サーバーにインストールします。

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »