« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

西から昇った太陽が


フライトシミュレーターで北極圏へ。

ロシアのサンクトペテルブルグからノルウェーのロングイヤービーエンまでの飛行です。
一気に北極圏まで飛びました。
夜9時頃、まだ日没後の薄明かりが残るサンクトペテルブルグの飛行場を出発。しばらく北に飛び、フィンランドの上空で面白い現象がシミュレーター上におこりました。
いったん沈んだ太陽が北西の地平線から再び顔をのぞかせ始めました。
Byakuya
西から太陽が昇ってくるなんて、極地方の飛行ならではの現象です。
考えてみると日没直後に白夜の地方へ向けて飛び立てばどこかで太陽が昇ってくるはず。当然といえば当然の現象でした。

そして夜だというのに沈まない太陽が北の空に輝くロングヤービーエンの空港に着陸しました。シミュレーターには雪と氷でまっ白の風景が表示されて、北極地方に来た感じがします。
夏は昼ばかり、冬は夜ばかりのこんな地方にはどんな人たちが住んでいるのか知りたい気がしてきました。
実際の街の感じはこのページの写真をみると分かります。

BACK LASH Cafe さんのページ
DAY 1 ~ DAY 7

写真に写る山の感じはシミュレーターでも何とか再現されていて少し安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海面下の空港


フライトシミュレーターの空の旅。

オーストラリアからインドネシア、ミャンマー、ネパールからヒマラヤ山脈を越え、中国の砂漠からロシアに入りました。
そして、カスピ海の北にあるAstrakhanという街の空港に着陸。

モスクワに向けて再び飛び立とうとするときになって気がつきました。空港の標高が海面下になっていることに。
Astrakhan (クリックで画像表示)
先に飛び立とうとする飛行機の高度がマイナス58フィートになっています。
そういえばカスピ海は海より低いところにある湖でした。(実際には海はずっと遠くにあって見えませんが)

これからさらに、いくつかの空港を経由しながら北極圏に向かいます。
シミュレーターの時間が夕方6時頃になっているので飛行機が北極圏に入る頃にはちょうど白夜の風景が見れるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば天動説


日の出日の入り時間を計算するプログラム作りの話。

日の入りの時間も計算できるようになりました。
日の入りの計算は基本的には日の出の計算方法とほぼ同じでした。どちらも太陽が天球上のある点にくる時間を求める計算です。
天球上を太陽が動いていく計算なんて天動説っぽいですね。

教訓(?) 天動説は見たまんまで計算しやすい。

そして、天球上の星の位置や見かけの大きさなどを計算できるルーチンをまとめてIStarなるインターフェースを作ってみました。
どうせ作るならStarという基底クラスを作るべきだったかとも思いますが。基底クラスとして作っても基底クラスは抽象クラスになるし、派生したクラスはメンバーが増えることはないだろうし、どちらにしてもCで言うところの純粋仮想クラスのようなもので結局同じような気がしてしまいます。

太陽の次はIStarを実装して月も作ります。

らんま1/2 歌暦(平成3年度版) Music らんま1/2 歌暦(平成3年度版)

アーティスト:アニメ・サントラ,天道なびき,九能小太刀,天道あかね,早乙女乱馬(山口勝平),シャンプー(佐久間レイ),天道かすみ
販売元:ポニーキャニオン
発売日:1992/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(↑アフィリエイトによる画像:
クリックだけでは当方への報酬は発生しないので安心してください♥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の太陽


と言っても意味が違いますが。
日の出日の入り時間を計算するプログラム作りの太陽の話です。

複雑な計算式と闘いながらやっと日の出の時間が計算できるようになりました。計算ができるようになった瞬間、なんだかプログラムの中の太陽が輝き始めたような気がしました。

NUnitとエクセルを組み合わせたプログラムのテストで、とりあえず1992年の1年366日間の東京の日の出時間を計算してみました。
手元にあった理科年表で2月29日前後などいくつかの日の日の出時間を答え合わせ。ねらい通りにおよそ1分以内の誤差で正しい時間を求めることが出来ているようです。

今回は大量のプログラムテストをやって初めて修正できたバグもありました。
春分の日の日の出時間を計算したときにプログラムが無限ループに入ってしまうというバグ。
計算の途中の-0.01°になるべき値が359.99°になっていたのが原因でした。
計算には春分点という計算の要となるポイントがあり、その点に太陽が近づいた時に計算がおかしくなるのです。
バグが出て初めて気づいたのですが、春分の日は計算の特異点のようになっていたのでした。

Highland Knights シャマナシャマナ ~月とこころと太陽の魔法~ Original Soundtrack Software Highland Knights シャマナシャマナ ~月とこころと太陽の魔法~ Original Soundtrack

販売元:DIGITURBO
発売日:2004/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(↑アフィリエイトによる画像:
クリックだけでは当方への報酬は発生しないので安心してください♥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »