« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ヨーロッパ大陸へ


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

1月29日
ついにヨーロッパ大陸に入りました。
シミュレーターに表示されたジブラルタル海峡の風景は大変きれいでした。着陸したのはイギリス領のジブラルタル
ジブラルタルの空港の滑走路には一般の道路が交差していて、飛行機が着陸する時には遮断機が降りてくるようです。その様子がグーグルマップの写真に写っています。下の57のグーグルマップへのリンクをクリックすると、滑走路を横切る道に自動車が止まっているのが見えます。そして滑走路の東の方やや離れたところには着陸態勢に入っている飛行機が写っています。

1月28日
ヨーロッパに接する国、モロッコに入りました。砂漠の町Tantanに着陸。パンダの名前のような町の名前ですが、砂漠の中にある町です。アフリカの砂漠地帯に入ってしばらくは山らしい山がありませんでしたが、ここに来て少しずつ山が見えるようになってきました。
そしてさらに、TantanからEssaouriaという町まで北上しました。ヨーロッパ大陸までもう少しです。

1月25日
砂漠の上を飛びました。360度砂の海です。
しかし、着陸した空港は濃い霧の中。もしかしたら砂嵐かも知れませんが。視界がほとんどないので仕方なく現在の気象条件から晴れの設定に切り替えて着陸しました。空港は海に突き出た砂州の上、まるで砂丘に囲まれた感じの風景でした。リアル世界ではラクダが歩いていそうです。

57.ジブラルタル
ジブラルタル
56.モロッコ
Sale
55.モロッコ
Essaouria
54.モロッコ
Tantan
53.西サハラ
Dakhla

Microsoft Flight Simulator 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

πの計算


オーバークロックの人たちは「π焼き」(パイ焼き)とかいうそうですが。
このソフト「スーパーπ Ver 1.1」で104万桁の円周率を計算する時間でパソコンの性能をはかるとのこと。単純に計算能力を測るのには最適な方法かも知れません。

今では新型パソコンでは1分以内で計算可能なのですが、最近買った本『コンピュータが計算機と呼ばれた時代』の中にエニアックが円周率の計算をしたときのことが資料としてチラリと載っていました。
74ページに載っている資料を引用すると『・・・πの計算には、検算やカードの取扱い時間をこめて全部で70時間要した・・・』とありました。
ちなみに、カードとは当時のメモリーカード(?)のパンチカードのことです。
計算した桁数は約2000桁。生まれたての真空管式コンピューターの第一歩ってとこであります。

さらに歴代のコンピューターの記録がこのページにはまとめられています。
神奈川県立ひばりが丘高等学校
「宇宙の微塵」の部屋

計算機による円周率の計算記録

2005年に購入したわが家のパソコンでは104万桁で45秒、3355万桁で42分19秒でした。
よく言われる例えですが、20年前のスーパーコンピューターの10倍にせまる勢いです。なんかすごいです。
宇宙人を探すプロジェクトに参加してみたくなりました。

チャイルド パンプキンパイ コスチューム M    Child Pumpkin Pai Costume - M 881063M Toy チャイルド パンプキンパイ コスチューム M Child Pumpkin Pai Costume - M 881063M

販売元:RUBIE'S JAPAN
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(↑アフィリエイトによる画像:
クリックだけでは当方への報酬は発生しないので安心してください♥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフリカ到着


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

1月22日
アフリカの行程に入りました。
地上の景色は意外と緑が多く表示されています。グーグルマップなどの衛星写真を見ても緑は多そう。かなり大きな川もあるようです。
しかし、ダカールに近づくにつれて緑は薄くなり土色が多くなってきました。サバンナのような草原地帯っていうところでしょうか。
これから先はヨーロッパをめざし、2月の初めにはスペインへ行きたいです。

1月21日
大西洋横断です。
6時間近く海と空と雲の間を飛び続けました。高度約8000メートルを時速500km以上で飛んでいるのですが景色はゆったりと流れていきました。
幸い天気は良く、あらしにあうことはありませんでした。ブラジルから海を渡って到着したのはシエラレオネのフリータウン。
シミュレーターの画面からは特にアフリカを感じさせるものはありません。でも実際の世界にはアフリカならではの景色や動物が見えるのだろうなと思いながら着陸。
どんな動物がいるのかと思って調べてみると、大統領がカバさんでした。

52.モーリタニア
アヌクショット
51.セネガル
ダカール
50.シエラレオネ
フリータウン

Microsoft Flight Simulator 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作ソフトのインストール


ドメイン構築。

今週はmp3管理の自作ソフトのハートデーターベースをインストールしてみました。
サーバー側のソフトのインストールは上手くいきました。
サーバー側のインストールのポイントは、アップロードされてきたファイルを書庫フォルダーへ移動する部分です。
セキュリティーの設定を変更して、サーバープログラムが書庫フォルダーを作りアップロードされてきたファイルを移動できるようにしなくてはなりません。
アプリケーションプールの設定にあるIDによる権限の設定との関係はあとで調べてみようと思います。

クライアント側のソフトのインストールもまずまず成功。
ここでのポイントは、サーバーのWEBサービスを利用するためにサーバーの名前をDNSでアドレスに変換し通信すること。
それと1つ課題が見つかりました。
ドメインユーザーの権限でログオンしているときにはプログラムフォルダーへ設定ファイルを保存することが出来なかったこと。
保存先を変更しなければなりません。

あと、問題が起きたのはまたしても文字コードの問題。
データーベースのMySQLのサイトから入手したQUERY BROWSERで"\"の文字を保存したら読み出したときに全角のバックスラッシュに文字化けしてしまう問題です。
書庫フォルダーのパスを変更しようとしたときに問題が発生しました。
解決方法はコマンドラインのMYSQL.EXEでデフォルト文字セットをSJISに指定した上で"\"を保存すればOK。
"\"はクエリー上では"\\"としなければ認識されないので少々手間がかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロケット雲なら600kmでも


空に見える雲は何km彼方の雲だろう?
Excite エキサイト : ニュース
STAR LIGHT PARADE さんの記事より)

記事の下の方。京都から東京上空の雲が見えるかもということですが。
きっと見えますとも。
富士山なら三重県奈良県あたりからも見えるようですから、その3倍弱に仮定した雲の高さなら十分あり得るでしょう。

奈良県から見た富士山の写真。
大台ヶ原山系からのダイヤモンド富士
上のページの富士山のバックに見える雲らしき影はもう関東平野上空ってとこでしょうか。

ちなみに2005年に私が兵庫県西宮市から見た種子島上空のロケット雲までは600キロ近くの距離。
これは、岡山市から見た種子島上空のロケット雲です。
20050227_from_okayama
これで500kmの距離です。意外とはっきり見えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アメリカ大陸飛行終了


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

1月15日
ブラジルは思ったより大きいです。進んでも進んでもブラジルです。
地図で見ると確かに大きいのですが自分の印象的にはそれほど大きな国とは思っていませんでした。
さて、ブラジルともここでお別れ。次は最大の難所。大西洋横断でアフリカに飛びます。

1月14日
ブラジルの大西洋岸を北上中です。
風景は小高い丘が続くように表示されていますが、実際の風景はどんな感じなのだろうかと思いながら飛んでいます。

49.ブラジル
アメリカ大陸最後の空港
48.ブラジル
Campo Dos Palmares
47.ブラジル
Salvador
46.ブラジル
CARAVELAS

Microsoft Flight Simulator 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃えるCPU


pya!の投稿ビデオ
オーバークロック (2006-01-10)

CPU、燃えてます。
というか爆発してます。蒸発です。
オーバークロックで規格外の発熱量になっているのかも知れませんが、放熱フィンをとったあとただちに発煙し数秒で爆発するとは。まるで爆竹です。
もう、CPUにはいつから自爆装置がついたのでしょ??って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Server2003R2構築中

7日からの連休でServer2003R2の評価版を試してみました。
早いうちに使用期限がある評価版からWindowsMSDNなどのテスト用に変えたいのですが、VisualStudioの方のMSDNにするかどうか決めかねているのです。
ダウンロードしたイメージファイルをCD-Rに保存し、インストール時はメールで届いたプロダクトキーを入力しました。
で、R2ではっきりと変わったのがファイルサーバーの管理画面。細かい設定をしやすくなっているようです。
使った機能の中ではやはりASP.NETがフレームワークのバージョンを選択できるようになったのが最大の変化です。

今週はあやしいサイトを見たりしてセキュリティー的に問題が出やすいPCをドメインから隔離する方法を試してみました。
NAT機能を持たせたサーバーのLAN側のNICにIPアドレスを2個持たせ、ドメインとは別のネットワークアドレスにします。
そして、ドメインとは別のネットワークの方へセキュリティーに問題が出やすいPCをつなぎます。
さらにサーバーのパケットフィルターで別ネットワークからはサーバーとドメインのネットワークへ通信が出来ないようにします。
パケットフィルターにより別ネットワークからサーバーは見えませんが、サーバーのNATを通してインターネットには接続できます。
まあ問題のPCのIPアドレスを変えてしまえばサーバーが見えるようになってしまうので、効果はおまじない程度と思っていた方が良いようです。
しかし方法が面白いのでこの方法をとってみようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルゼンチンから後半スタート


ただいまフライトシミュレーター(フライトシム)で世界一周中。

1月9日
リオデジャネイロに向けて飛行しました。平原から山がちな地形に変わり、小高い山が海岸にせまってくるような地形になっていました。
リオデジャネイロってブラジルのどの辺にあるのかよく分かりませんでしたが、こんな場所にあったのですね。国際空港の滑走路に着陸して管制塔の指示に従って進んでいくと広い空港の端にある小型機の駐機場にたどり着きました。
リオデジャネイロの天気は良く、さすがにサンバの国って感じです。

1月8日
世界一周旅行の後半の出発は激しい雷雨の中からの出発になりました。
風も強く、向かい風だったのでやっと離陸できたくらいでした。しかし、30分も飛ぶと晴れてきて風は強かったものの視界は良くなりました。
しばらく大西洋岸を北へ進み、最大の難所であるアフリカまでの大西洋横断に向かいます。

1月7日
アルゼンチンを首都のブエノスアイレスへ向けて南下しました。
南回帰線を通り越したので確かに太陽は北に傾いて表示されています。風景はアンデス山脈を離れ、広大な平原に移りました。川は所々に湖を作りいかにもゆったり流れている感じがします。
この世界一周旅行のコース最南端の空港、そしていよいよ日本とは地球と反対側の地に到着しました。

45.ブラジル
リオデジャネイロの国際空港
44.ブラジル
小さな島にある空港
43.ブラジル
ウルグアイ国境近くの空港
42.アルゼンチン
ブエノスアイレスの国際空港
41.アルゼンチン
Cordobaの空港

Microsoft Flight Simulator 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両親コスプレと遭遇


英語でしゃべらナイトの1月2日の特別版、
帰省中だったので両親と見ておりました。
その回は東京の最新の魅力を英語で紹介していましたが、出ました秋葉原。

釈由美子のメイドさんコスプレ♥♥

両親がどんな反応を示すか、だまって見ておりましたら、なかなか好評☆
「かわいい」と感想を言っておりました。さすがに数万円もするスーパードルフィーには、両親の理解の範囲を超えてしまったようですが。
もちろん私は、コスプレ喫茶に行ったことがあることも、フィギュアを机に飾っていることもしゃべってませんが、もしかしたら私の目がうかつにも輝いてしまったことに気づかれてしまっていたかも知れません。

いや~、今年の正月の一番の収穫は釈由美子のメイドさんコスプレ♥でありました。
最後になりましたが、今年もよろしくお願いします。

MAID iN HEAVEN SuperS なぎさ ( 1/8 PVC製塗装済み完成品 ) Toy MAID iN HEAVEN SuperS なぎさ ( 1/8 PVC製塗装済み完成品 )

販売元:アルター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(↑アフィリエイトによる画像:
クリックだけでは当方への報酬は発生しないので安心してください♥)

謝る前にケツを出せ さんの記事
「萌え~」ってオタ用語じゃなくてマスコミ用語だよな
佐藤優希の日常 うはwww夢がwwwひろがりんぐ さんの記事
2006-01-02-月 英語でしゃべらナイトSP
メイドさんな釈由美子たんに出会えます♥

それはもう、なんつーか徒然なるままに…… さんの記事
RECしておけばよかったあぁぁぁ!!
本当に何度でも見たいほど似合ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »