« JPEGウィルス初体験 | トップページ | 南米大陸へ »

時間銀行の話


時間銀行 (しーぶろ さんの記事より)
私にはこれが本当によいお話かどうか分かりません。
まずまず良いお話しではありますが、前半に時間をお金にたとえる部分で全てのお話しがぶち壊しに思えました。
時間泥棒が登場するミヒャエル・エンデのモモを思い出したからです。

時間が限られているからといって、あせる必要はまったくありません。一生のうちで一瞬でもステキな時間があればその人の一生は価値あるものになると思います。生きているだけでもすばらしいことなのに、時間を無駄に使っているなんて考えているうちに時間泥棒に自分の時間を奪われてしまうのです。

良い時間を過ごそうと強迫観念にとらわれるよりは、時間の概念もない海のクラゲの方がしあわせかも知れない。

モモ DVD モモ

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2002/05/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(↑アフィリエイトによる画像:
クリックだけでは当方への報酬は発生しないので安心してください♥)

|

« JPEGウィルス初体験 | トップページ | 南米大陸へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532/81229

この記事へのトラックバック一覧です: 時間銀行の話:

« JPEGウィルス初体験 | トップページ | 南米大陸へ »